ヴァル研究所 優先席 – 「優先席では席を譲るべき」が3年前から17.1%減少、席を譲ろう …

日本で最初に発売された乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発している株式会社ヴァル研究所のコーポレートサイトです。通勤費や交通費など、ビジネスにおける移動の課題解決や、個人個人に寄り添ったサービス開発を行っています。

サイト利用条件 · 個人情報保護について · トピックス · 企業理念へ · 会社概要
[PDF]

(1)4人に3人が「優先席では席を譲るべき」と考えている (2)約3割の人が「優先席意外で席を譲るべきだという意識はない」 株式会社ヴァル研究所 ソリューション事業部 広報担当:福井 澪菜

ヴァル研究所が「ゆずりあい精神の意識調査」の結果を発表。およそ4人に3人が、優先席は「譲るべき」と回答しました。しかしその割合は3年前と比較すると17%減少。一方、譲って断られた経験のある人は9%増加していることもわかりました。

優先席では高齢者や身体の不自由な人、妊婦、小さな子ども連れなどに席を譲るようマナーがあるが、必ずしも守る人ばかりとは限らない。 この調査は乗り換え案内アプリケーション「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所が実施。

ヴァル研究所が行った調査によると優先席を譲らない人の割合が約6割になることが分かりました。電車やバスなどの公共交通機関の優先席に座っている時に高齢者などに対して席を譲るべきと答えた人

日本で最初に発売された乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発している株式会社ヴァル研究所のコーポレートサイトです。通勤費や交通費など、ビジネスにおける移動の課題解決や、個人個人に寄り添ったサービス開発を行っています。

日本で最初に発売された乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発している株式会社ヴァル研究所のコーポレートサイトです。通勤費や交通費など、ビジネスにおける移動の課題解決や、個人個人に寄り添ったサービス開発を行っています。

「優先席では席を譲るべき」が3年前から17.1%減少、 席を譲ろうとして断られた経験がある人は9%増加! 断られずスマートに席を譲るには「押し付けないこと」が重要?

電車などでお年寄り・妊婦らに「席を譲るべき」と考える人が優先席・一般席ともに3年前の調査と比較して減少したことが

大阪市内のjr駅構内で30代男性の腹を刺した容疑者の男(62)が、動機について「(男性が)以前から優先席に座っていて腹が立った」と供述した。

Nov 29, 2016 · ヴァル研究所が「ゆずりあい精神の意識調査」の結果を発表。およそ4人に3人が、優先席は「譲るべき」と回答しました。しかしその割合は3年前

突然ですが、みなさんは電車やバスで席を譲ることに関し、どのような意識をお持ちでしょうか? 乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所は28日、公共交通機関を利用する際の「ゆずりあい精神の意識調査」の結果を発表しました。

交通の乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を運営する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都 代表取締役:中山 秀昭)は、乗り換え案内ポータルサイト「Roote(ルウト)」に設置した調査機関「ルウト研究所」において、ユーザーの皆さまから頂くご意見を反映し更なるサービス向上を目指す

乗換案内サービス「駅すぱあとfor WEB」を運営するヴァル研究所(東京都杉並区)が16年11月に発表した「ゆずりあい精神の意識調査」によると、「優先席では席を譲るべきだと思いますか」との問いに、「はい」と答えた人は、前回調査(13年実施)より17

また、「優先席以外でも席を譲るべき」と考えている人もやはり57%から38%へと、 19ポイント減少していた。(ヴァル研究所調べ) そこには単なる「モラルの低下」では済まされない理由があった。

(株式会社ヴァル研究所) タイトルには「優先席では」と書かれていますが、本文を読むと優先席である如何を問わず、席を譲る意識が低下しているという調査結果になったそうです。

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所が2016年11月に発表した調査結果によると、「お年寄りなど優先すべき人がいた場合は、優先席では席を譲るべき」と考えている人は75.9%で、2013年に行われた同様の調査と比較すると、約17%も

ヴァル研究所が「ゆずりあい精神の意識調査」の結果を発表。およそ4人に3人が、優先席は「譲るべき」と回答しました。しかしその割合は3年前と比較すると17%減少。一方、

乗り換え案内は『駅すぱあと for web』。定期代や時刻表、運行情報も簡単に検索できます。電車・路線バス・高速バス・飛行機・フェリーに充実の対応。 駅すぱあと for webで乗り換え案内・定期代・時刻

日本で最初に発売された乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発している株式会社ヴァル研究所のコーポレートサイトです。トピックスでは、株式会社ヴァル研究所のニュースリリース、お知らせ、採用情報、メディア掲載などをご紹介しています。

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所が2016年11月に発表した調査結果によると、「お年寄りなど優先すべき人がいた場合

「優先席では席譲るべき」と考える人が減少のニュースを紹介 「優先席では席譲るべき」と考える人が減少 2016/11/29 06:50 Written by Narinari.com編集部

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田 信夫)は、鉄道・バスの利用に

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所は、鉄道・バスの利用にまつわる様々な問題について調査する「ルウト研究所」で男女3,413人を対象に2016年9月2日(金)〜9月11日(日)まで実施した「公共交通機関を利用するときの意

「優先席の優先順位って何だと思いますか?」。こんな質問が2019年3月14日、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」 に投じられた。トピックを立てた女性は「障害がありヘルプマークをつけている」。ある日電車の優先席に座って

著者: J-CASTトレンド

Dec 15, 2016 · 乗り換え案内「駅すぱあと」を運営する株式会社ヴァル研究所が実施した公共交通機関に関する意識調査の結果、電車などで高齢者・妊婦・障害者らに「席を譲るべき」と考える人が優先席・それ以外の席ともに3年前の調査と比較して減少したことがわかっ

“優先席”の表示がなくても、譲るべきだと考えれば譲るし、一見元気そうな若者でも、見えないところにケガをしていたり、具合が悪かったりして座っていることもあるから、お互いが思いやりを持てるのが一番だ。 | 優先席で席を譲る人が減小?

8月3日(水)にヴァル研究所さんを見学に行ってきました。 経路検索アプリを提供する『駅すぱあと』のヴァル研究所さんでは、開発部門、営業部門から広報、そして総務のいたるところでカンバンやKPTを導入しているということをお聞きし、是非見学にとGaiax社の開発メンバー、総務の方たちと

株式会社ヴァル研究所のニュースリリース(2013年06月12日)2人に1人が電車の座席を譲ったときに断られた経験があり!

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を開発・運営する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田 信夫)は、鉄道・バスの利用にまつわる様々な問題について調査発表する「ルウト研究所」にて、2016年版の「優先席の譲り合いの意識調査」などを行うべく、2016年9月2日

株式会社ヴァル研究所(ヴァルけんきゅうじょ、Val Laboratory Corporation)は、東京都 杉並区に本社を置くソフトウェア開発会社である。 代表的な製品に経路検索ソフト「駅すぱあと」がある。 近年は「駅すぱあと」を中心に法人向けの製品・サービスやAPI ビジネス、広告事業、個人向けの

電車やバスなどの「優先席」に健常者が座ることについて、「空いていたら座る」「たとえ空いていても座らない」と意見が分かれるようです。本来の趣旨はどういうものなのでしょうか。

今回は、経路検索アプリ『駅すぱあと』を提供する株式会社ヴァル研究所が取り組む「見える化・カンバン・カイゼン」をご紹介します。日々組織で仕事を進めていく中で、「業務が属人化してしまう」「隣に座っている人が今日何をやっているかわからない」という事態が起こってしまい

優先席からは巨大な圧力が感じられ、たとえ混み合っていても座ろうとする人はいません。台北の地下鉄では特別席の増設が討論されていますが、これには反感を持つ人もいるようです。 日本では全体的に乗客の高齢化が激しく、高齢者向けの優先席を設置しても足りなくなるのが現状です。

私は電車で優先席が空いていたら迷わず座ります。私はてんかんなので、いつなんどき倒れる発作が起こるか予測できないからです。ある日、電車が混んでいたので私は2本見送って優先席が空いている電車に乗り、席に座りました。

8月3日(水)にヴァル研究所さんを見学に行ってきました。 経路検索アプリを提供する『駅すぱあと』のヴァル研究所さんでは、開発部門、営業部門から広報、そして総務のいたるところでカンバンやKPTを導入しているということをお聞きし、是非見学にとGaiax社の開発メンバー、総務の方たちと

株式会社バルクのマーケティングリサーチ・市場調査サービス:vol.7 車内マナーに関する調査の調査レポートのご案内をしています。電車,バスなどの公共車内のマナーについて10代~60代男女にお聞きしま

“優先席”の表示がなくても、譲るべきだと考えれば譲るし、一見元気そうな若者でも、見えないところにケガをしていたり、具合が悪かったりして座っていることもあるから、お互いが思いやりを持てるのが一番だ。 | 優先席で席を譲る人が減小?

私は、あの男性はここが優先席だと分かっていて座ったのか。しかっり考えてほしいと思いました。その後男性は、スマートフォンに目を向けて夢中になっていました。 優先席は、障害者の方や妊婦さん、乳幼児連れ、高齢者の方などの着席を優先する席

Yahoo!路線情報:全国の路線や高速バス、路線バス、飛行機の乗り換え案内サービスです。始発・終電検索、JR・地下鉄・私鉄の定期代検索、新幹線・電車の運行情報、時刻表、主要空港のフライト情報も

足を骨折し、松葉づえを使う生活を1か月あまり経験しました。不自由してみて初めて気づくことはいろいろありましたが、中でも、電車の優先席

交通の乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を運営する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都 代表取締役:中山 秀昭)は、乗り換え案内ポータルサイト「Roote(ルウト)」に設置した調査機関「ルウト研究所」において、ユーザーの皆さまから頂くご意見を反映し更なるサービス向上を目指す

「優先席に用途を限定せず」「省スペース効果もあり、混雑率の高い路線での活用が期待される」とのことで、採用車両の登場が待たれる

電車の優先席って若い人は座ってはいけないのですか?私は空いていたら座り、お年を召 電車の優先席って若い人は座ってはいけないのですか?私は空いていたら座り、お年を召された方や妊婦さんやその他障害のある方が乗車した際は

電車の優先席について質問です。一般的に考えられる優先席対象者の他にも、仕事帰りで疲れ切ったサラリーマンや一見普通に見えるが実は高熱がある人達は対象者になると思いますか?どちらが優先すべきと考えますか?

優先席を譲るのは、強制なんですか? 先日、学校の帰りにいつもは座らないんだけどその日は特別に疲れてて優先席に座ってみたんだけど後から乗ってきた年寄りとその付き添いのオジサンがわざわざ座ってる私の目の前にきて聞こ

※営業時間外のホームページ、E-Mail、FAXのお問い合わせのお返事は翌営業日以降になります。 ※お問い合わせいただきました内容は、返信、返答以外の目的で利用することはございません。

この調査は、10代〜70代の男女3,413人を対象に行われたもの。まず、「あなたは優先席では席を譲るべきだと思いますか」とたずねたところ、全体の75.9%の人が「はい(優先席では席を譲るべき)」と回

「全席優先席」は必ずしも不評ではなかった。昨年の利用者調査で認知度は9割を超えた。制度継続に肯定的な意見は約6割に達し、主に譲られる

まず、優先席はあります。 続いて、優先席ではなくても体が不自由な人や高齢者には率先して席を譲る習慣があります。 正直、日本の電車内や駅でのマナーは最低だと思います。 また、人間として最低限身に付けるべき習慣がおろそかであると感じます。

優先席はあるが、若者も多少の時間なら、混雑したバスを避けて、次の空いているバスに座って乗りたいことから、バスの混雑状況がわかるアプリを開発する。経費は、アプリの広告収入などでまかなう。 3 「どこでも演会」

「優先席では席譲るべき」と考える人が減少のニュースを紹介 「優先席では席譲るべき」と考える人が減少 2016/11/29 06:50 Written by Narinari.com編集部

10月1日からjr東日本や関東、甲信越、東北の私鉄、地下鉄など計37事業者が列車内の優先席付近で携帯電話の電源を切るように求めていたマナーを

電車の「優先席」の定義とは??みなさんの意見をお聞かせください。長文失礼します。 本日、いつも使っている名古屋の私鉄(ワンマン)に乗りました。車内も空いていて、どこでも座れる状態でしたので特に気にせず一番近

電車やバスなどの「優先席」に健常者が座ることについて、「空いていたら座る」「たとえ空いていても座らない」と意見が分かれるようです。本来の趣旨はどういうものなのでしょうか。 座り方の「

「第十七回・『日本語作文コンクール』」=2017年. 入賞作文 のテーマと頁 【一等賞】3編 一等賞の作文pdfはこちら 「自信をくれた私の宝『日本』」 (海外の大学生)インド=シュレヤ・デイウェ(女。

電車やバスなどの「優先席」に健常者が座ることについて、「空いていたら座る」「たとえ空いていても座らない」と意見が分かれるようです。本来の趣旨はどういうものなのでしょうか。 座り方の「

電車やバスの「優先席」。みなさんご存じの通り、お年寄りや妊婦、身体が不自由な方を優先とした座席のことですが、皆さんは優先席でのマナーを守れていますか? 通勤や仕事で交通機関を利用することの多い社会人に「優先席への意識」について調査しました。