ミコナゾール 添付文書 – ミコナゾール硝酸塩クリーム1%「YD」の基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書…

添付文書情報 2017年9月 改訂 (第4版) ミコナゾール硝酸塩クリーム1%「YD」、標準製剤(クリーム剤、1%)を用いて、家兎による真菌(Candida、Trichophyton)皮膚感染実験を行った結果、コントロール群に比較し、両製剤とも有意な抗真菌効果が認められた。

「ミコナゾール硝酸塩クリーム1%「yd」」の用法用量や効能・効果、副作用、注意点を記載しており、添付文書も掲載してい

ミコナゾール硝酸塩クリーム1%「yd」(一般名:ミコナゾール硝酸塩クリーム)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを

☆ ミコナゾール硝酸塩クリーム1%「yd」 製造販売元/株式会社 陽進堂 更新日:2018年03月26日 処方箋医薬品以外の医薬品

フロリードゲル経口用2%(一般名:ミコナゾールゲル)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経

「フロリードゲル経口用2%」の添付文書です 口腔カンジダ症:ミコナゾールとして1日200~400mg(ミコナゾールゲル10~20g)を4回(毎食後及び就寝前)に分け、口腔内にまんべんなく塗布する。なお、病巣が広範囲に存在する場合には、口腔内にできるだけ長く

フルコナゾールカプセル100mg「サワイ」の添付文書 添付文書pdfファイル pdfファイルを開く ※添付文書のpdfファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。

ミコナゾールはチトクロームP450依存性14α-sterol demethylaseに作用し、真菌細胞膜の主要構成成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することにより抗真菌活性を示す 5) 。また、ミコナゾールは高濃度では細胞の壊死性変化をもたらす殺菌的作用を有する

平成28年10月18日、厚労省医薬・生活衛生局は、新たな副作用について、医療従事者に注意を促すため添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知しました。 今回、一番大きい改訂は、ワーファリンとフロリードが併用禁忌になったことだと思います。

「ワーファリン錠1mg」の添付文書です. 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

類似化合物(ミコナゾール)では血糖降下剤との併用により,著しい血糖低下が認められたとの報告がある。 (イトリゾールカプセル50の添付文書による)

日米の医薬品添付文書はこちらから検索することができます。 添付文書情報 2010年11月 作成 (第1版) 禁忌 効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬効薬理 理化学的知見 取扱い上の注意 包装 主要文献

「イトリゾールカプセル50」の添付文書です. (再審査終了時) 内臓真菌症、深在性皮膚真菌症及び表在性皮膚真菌症症例(爪白癬に対するパルス療法症例を除く)5,425例中、副作用(臨床検査値異常を含む)は431例(7.94%)544件に認められた。

フロリード腟坐剤100mg(一般名:ミコナゾール硝酸塩腟坐剤)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は

製剤写真付きの添付文書を、疾患別処方ランキング、適応症から検索する事ができます。pc版では相互作用チェック、飲食品相互作用チェック、薬価比較など医療者にとって便利なツールが揃っています。

フロリードdクリーム1%(一般名:ミコナゾール硝酸塩クリーム)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は

メディトリートは、有効成分のミコナゾール硝酸塩がカンジダ菌に対して強い抗菌作用を示し、不快な症状をやわらげる腟坐剤です。 添付文書 .

文書番号 内容(pdf形式) 1. 2018年8月: p20140: 販売包装単位へのgs1コードに変動情報追加のご案内(784kb) 2. 2015年3月: 10437 「弊社・弊社グループ会社の住所変更」並びに「JANコード削除」等のご

添付文書の記載をもとに、関連する可能性のあると思われる疾患、症状を紹介しています。 処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

[PDF]

ミコナゾール(ゲル剤)とワルファリンと併用による重篤な出血症例の報告を受け,平成13年にミコ ナゾール(ゲル剤・注射剤)の添付文書が改訂され,「ワルファリンを投与中の患者」を「慎重投与」に

ブロナンセリン錠4mg「DSPB」(一般名:ブロナンセリン錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経

通常、成人にはミコナゾールとして1日200〜400mg(ミコナゾールゲル10〜20g)を4回(毎食後及び就寝前)に分け、口腔内にまんべんなく塗布する。なお、病巣が広範囲に存在する場合には、口腔内にできるだけ長く含んだ後、嚥下する。

添付文書の記載をもとに、関連する可能性のあると思われる疾患、症状を紹介しています。 処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

添付文書の記載は対象、期間、使用条件など限定的な条件です。さらに偏りのない研究や専門団体のコンセンサスへの言及が推奨されます。 可能なら内容を見直し適切な出典を追加してください。 (2018

投与方法: 外用, 膣, 経口, 静注, 髄腔内注入

添付文書情報 2018年10月 作成 (第1版) ミコナゾールゲル経口用とスルホニル尿素系血糖降下剤との併用において、スルホニル尿素系血糖降下剤の作用が増強され、低血糖症状をきたした症例が報告されて

2019年12月20日 添付文書改訂相談に基づく添付文書改訂(医薬品)を掲載しました; 2019年12月20日 「副作用が疑われる症例報告に関する情報」に令和元年8月分の情報を追加しました; 2019年12月20日 mid-net公表された利活用の成果に関する情報を更新しました

[PDF]

添付文書に記載された情報を裏付ける更に詳細な情報が必要な場合がある。 医療現場では、当該医薬品について製薬企業の医薬情報担当者等に情報の追加請求や質疑をして情報 を補完して対処してきている。

[PDF]

ミコナゾール(ゲル剤)とワルファリンと併用による重篤な出血症例の報告を受け,平成13年にミコ ナゾール(ゲル剤・注射剤)の添付文書が改訂され,「ワルファリンを投与中の患者」を「慎重投与」に

1日200~400 mg(ミコナゾールゲル10~20g)を毎食後及び就寝前の4回に分け投与 (用法・用量に関連する使用上の注意) 本剤の投与期間は原則として14日間とする。なお、本剤を7日間投与しても症状の改善がみられない場合には本剤の投与を中止し、他の適切

併用注意 (併用に注意すること) 併用により、下記の薬剤の血中濃度を上昇させることがあるので、併用する場合には、必要に応じて下記の薬剤の投与量を減量するなど用量に注意すること。

ミコナゾール硝酸塩クリーム1%「yd」の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。主な副作用として、発赤・紅斑、かゆみ、接触皮膚炎、びらん、刺激感、小水疱などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

製剤写真付きの添付文書を、疾患別処方ランキング、適応症から検索する事ができます。pc版では相互作用チェック、飲食品相互作用チェック、薬価比較など医療者にとって便利なツールが揃っています。

[PDF]

は、当該医薬品の製薬企業が提供する添付文書やお知らせ文書等、あるいは医薬品医療機器情 報配信サービス等により薬剤師等自らが整備するとともに、IFの使用にあたっては、最新の 添付文書を医薬品医療機器情報提供ホームページで確認する。

ミコナゾール硝酸塩は白癬の起因菌である白癬菌属、小胞子菌属、表皮菌属やカンジダ症の起因菌であるカンジダ属をはじめ、アスペルギルス属、クリプトコックス・ネオフォルマンス等の諸菌種に対しても強い抗真菌作用を有する 13) 14) 15) 。. 各種真菌に対する最小発育阻止濃度(mic)は下表

[PDF]

ミコナゾール(フ ロリード)、フル コナゾール(ジフ ルカン)、ホスフ ルコナゾール(プ ロジフ)、ボリコ ナゾール(ブイ フェンド) イトラコナゾールと の併用により本剤の

製剤写真付きの添付文書を、疾患別処方ランキング、適応症から検索する事ができます。pc版では相互作用チェック、飲食品相互作用チェック、薬価比較など医療者にとって便利なツールが揃っています。

添付文書の読み方. ここで提供している添付文書情報は、2017年8月現在の各医薬品の添付文書を基に作成したものです。書式等については、実際の添付文書と異なるところがあります。添付文書情報は随時

本剤は肝酵素により代謝を受けやすく、血中濃度が上昇するおそれがあるため、cyp3a4を強く阻害する薬剤(アゾール系抗真菌剤、hivプロテアーゼ阻害剤)を投与中の患者に本剤を投与しないこと(「相互作用

効能・効果 腟カンジダの再発による、発疹を伴う外陰部のかゆみ(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)ただし、腟症状(おりもの、熱感等)を伴う場合は、必ず腟剤(腟に挿入する薬)を併用して

ダマリンL液のパッケージデザイン、特徴、配合成分(原料)、希望小売価格など、商品の詳細を紹介したページです。

[PDF]

添付文書に記載された情報を裏付ける更に詳細な情報が必要な場合がある。 医療現場では、当該医薬品について製薬企業の医薬情報担当者等に情報の追加請求や質疑をして情報 を補完して対処してきている。

製剤写真付きの添付文書を、疾患別処方ランキング、適応症から検索する事ができます。pc版では相互作用チェック、飲食品相互作用チェック、薬価比較など医療者にとって便利なツールが揃っています。

この記事は、医薬品の承認試験に基づいています。添付文書の記載は対象、期間、使用条件など限定的な条件です。 さらに偏りのない研究や専門団体のコンセンサスへの言及が推奨されます。 可能なら内容を見直し適切な出典を追加してください。 (2018年6月)

この記事は、医薬品の承認試験に基づいています。添付文書の記載は対象、期間、使用条件など限定的な条件です。 さらに偏りのない研究や専門団体のコンセンサスへの言及が推奨されます。 可能なら内容を見直し適切な出典を追加してください。 (2018年6月)

ミコナゾールゲルの口腔粘膜付着製剤であるオラビ錠が新しく発売されました。 本記事では、オラビ錠の特徴やミコナゾールとの使い分けについて記載しています。 オラビ錠の採用を考えている先生は、是非記事をご覧ください。1日1回の使用で良い製剤

厚労省 重大な副作用などで添付文書の改訂指示 ワルファリンとミコナゾール併用禁忌に | 厚労省医薬・生活衛生局は10月18日、新たな重大な

[PDF]

ミコナゾール (フロリード), フルコナゾール (ジフルカン), ホスフルコナゾール (プロジフ), ボリコナゾール (ブイフェンド) イトラコナゾールと の併用により本剤の aucが2.8倍に上昇 することが報告され ている。 これらの薬剤が

[PDF]

ミコナゾール フルコナゾール 等 肝代謝抑制(cyp2c9阻害)、血中蛋白との 結合抑制 シベンゾリンコハク酸塩 ジソピラミド ピルメノール塩酸塩水和物 インスリン分泌促進が考えられている。 ⑵血糖降下作用を減弱する薬剤 1)臨床症状

肝代謝なのか腎排泄なのかわからないときがあります。このようなときに、添付文書やインタビューフォームの用法容量、尿中の未変化体排泄率、相互作用を見るとヒントが隠されています。

行動・心理症状(bpsd)の発現抑制をふまえたアルツハイマー型認知症治療. 国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長 遠藤 英俊 先生より、行動・心理症状(bpsd)の発現抑制をふまえたアルツハイマー型認知症治療についてご解説いただきます。

フロリードゲル経口用2%と併用禁忌の薬剤は、最新の添付文書(【使用上の注意】3.相互作用(1)併用禁忌)にてご確認ください。 フロリードゲル経口用2%の 添付文書はこちら. 本剤はチトクロームp-450(3a、2c9)と親和性を有します。

[PDF]

(ミコナゾール・ゲル剤) 深在性真菌症治療剤 (ミコナゾール・水性注射液) 使用上の注意改訂および適正使用のご案内 製造販売元 持田製薬株式会社 改訂概要(厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長通知による改訂)≪両剤共通≫

[PDF]

ミコナゾール硝酸塩クリーム1%「YD」、標準製剤(クリー ム剤、1%)を用いて、家兎による真菌(Candida、 Trichophyton)皮膚感染実験を行った結果、コントロール群 に比較し、両製剤とも有意な抗真菌効果が認められた。ま

アゾール系抗生物質の特徴. アゾール系抗生物質は、真菌のシトクロムp-450(うちラノステロールのc-14のメチル基を脱メチル化するもの)を阻害し、真菌細胞膜成分であるエルゴステロールの合成を阻害

ミコナゾールとは? ミコナゾール(Miconazole)はアゾール系(イミダゾール系)抗真菌薬の一種で、皮膚・粘膜等の真菌症に適用される。1969年、ヤンセン・ファーマスーティカにより開発された。他のアゾール系抗真菌薬と

添付文書を見てみると、 嘔気嘔吐は0.9% で、起こりうる副作用の中でもっとも確率が高いものだった。しかも 過量投与のところにも嘔吐 は明記されていた。だからといって、必ずしもフロリードゲル(ミコナゾール)の副作用とも言えない。

フロリードゲル経口用2%の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。主な副作用として、吐き気・嘔吐、口腔内疼痛、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用

ミコナゾール ミコナゾールの概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は、医薬品の承認試験に基づいています。添付文書の記載は対象、期間、使用条件など限定的な条件です。さらに偏りのない研究や専門団体のコンセンサスへの言及が推奨されます

製剤写真付きの添付文書を、疾患別処方ランキング、適応症から検索する事ができます。pc版では相互作用チェック、飲食品相互作用チェック、薬価比較など医療者にとって便利なツールが揃っています。

【a】2001年にミコナゾールの添付文書が改定され、ワーファリン投与中の患者が慎重投与になった。その後も、両剤併用による重篤な出血症例の報告が継続して報告されている。そのため、2016年10月にワーファリンとミコナゾールの併用が禁忌となった。