一体的開示 – 法務省:一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向け …

「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」の公表
[PDF]

投資戦略」)に掲げられた「2019年前半を目途とした、国際的に見て最も効果 的かつ効率的な開示の実現」に向け、事業報告等と有価証券報告書の一体的開 示をより容易とするため、関係省庁は共同して制度・省庁横断的な検討を行っ てきたところである。

12 行 · 一体的開示 実務では、金融商品取引法に基づく有価証券報告書と、会社法に基づく事業報告

分類 タイトル 登録日
プレミアム会計 金融庁・法務省等が一体的開示の記載例を示す 2019年 01月 10日
プレミアム会計 取締役全体の報酬合計欄の追加も可能 2018年 06月 18日
解説記事 有価証券報告書作成上の留意点(平成30年3月期提出用) 2018年 04月 30日
プレミアム会計 FASF、一体的開示で「有価証券報告書の開示に関する事項 2018年 04月 06日

www.lotus21.co.jpに関する全 12 行を参照

「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」を踏まえた取組について. 金融庁と法務省は、金融商品取引法に基づく有価証券報告書と会社法に基づく事業報告・計算書類(以下「事業報告等」という。

「未来投資戦略2018」では、「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組について」(平成29年12月28日)を踏まえ、金融商品取引法に基づく有価証券報告書と会社法に基づく事業報告・計算書類(事業報告等)との一体的な開示を行おうとする

経済産業省は、「未来投資戦略2017」に基づき、国際的に見て最も効果的かつ効率的な開示の実現を目指し、関係省庁と共同して制度・省庁横断的な検討を行い、その環境整備に取り組んでいます。

Dec 17, 2019 · 2018年3月30日、公益財団法人 財務会計基準機構(fasf)は、「有価証券報告書の開示に関する事項‐「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」を踏まえた取組‐」を公表しました。

Dec 17, 2019 · 2017年12月28日、内閣官房・金融庁・法務省および経済産業省は連名で、「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組について」を公表しました。

「有価証券報告書の開示に関する事項」の公表. 平成30年3月30日 財務会計基準機構. 我が国においては、現在、⾦融商品取引法に基づく有価証券報告書と、会社法に基づく事業報告並びに計算書類及び連結計算書類(以下「事業報告等」という。

我が国経済の再生に向けて、経済財政諮問会議との連携の下、必要な経済対策の実施や成長戦略の実現のための司令塔として日本経済再生本部を設置しています。

[PDF]

企業情報の一体的開示への第一歩 事業報告等と有価証券報告書の一体的開示の動向と今後の行方 金融調査部 研究員 藤野 大輝 [要約] わが国では、2014年に「『日本再興戦略』改訂2014」で提言されたことを

[PDF]

)と有価証券報告書の一体的開示」 (以下「一体的開示」という。)について、会社法と金融商品取引法の開示及び監査の一 元化の実現に向けて着実に進んでいくための一つの施策となることを期待する。 ② 一体的開示の促進のためには、事業報告等と

(2)事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組による表示方法の変更 「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」が平成29年12月28日に金融庁・法務省より公

この動向を踏まえ、開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームでは、事業報告等と有価証券報告書の一体的開示について、関係省庁と意見交換をしつつ独自に検討を行った結果を「開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「事業報告等

[PDF]

有価証券報告書の開示に関する事項 - 「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」 を踏まえた取組 - 平成30年3月 公益財団法人 財務会計基準機構

日本公認会計士協会の開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームは8月25日、「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示についての検討」(以下、本pt報告)を公表した。

さらに、両者の開示時点を合わせることにより一体の書類として開示する」ことを指す(jicpa「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示についての検討」より)。 一体的開示については、すでに取組みが進められている。

事業報告等と有価証券報告書の一体的開示の検討に関する議論状況 西村あさひ法律事務所 弁護士 野澤 大和 1 はじめに 我が国における企業情報の制度開示は、上場会社については、会社法に基づく開示、金融商品取引法(以下「金商法」)に基づく開示及び東京証券取引所等の上場規則に

また、経済産業省等から公表された「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組の支援について」においても、記載を共通化する場合の開示例が示されている。

1.はじめに. 日本公認会計士協会 開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームは、平成29年8月25日に「開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示についての検討」」(以下、「本報告」)を公表しました。

わが国では、2014年に「『日本再興戦略』改訂2014」で提言されたことを受け、事業報告等と有価証券報告書の一体的開示を目指して議論が行われている。

「(別添)一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」は、金融庁及び法務省の連名による9ページの資料で、上記「共通化の内容」の15項目について、各項目ごとに「企業からの指摘事項」「対応」が記載されています。

会計・監査ニュースフラッシュ – 金融庁と法務省は2018年3月30日、金融商品取引法に基づく有価証券報告書と会社法に基づく事業報告及び計算書類(以下「事業報告等」)との「一体的開示」に関連した法令解釈を公表しました。また、財務会計基準機構(fasf)も同日、両省庁の要請を受けて

[PDF]

開示請求の対象は何かという問題がある。行政 機関情報公開法3条は、何人に対しても開示請求 権を付与する旨を前提としつつ、その対象として 「当該行政機関の保有する行政文書の開示」とい う表現を使っており、開示の対象を「文書」概念

有価証券報告書と事業報告等の「一体的開示」のポイント (2018.04.12) 「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」等のポイント (2017.03.31) 企業内容等の開示に関する内閣府令等の改正のポイント (2017.02.17)

経済産業省は12月28日、「未来投資戦略2017」に基づき、金融庁、法務省、内閣官房と共同で、有価証券報告書と事業報告等の一体的開示促進に向けた今後の取組をまとめた。企業側にとっての業務負担を軽減するとともに、投資家側にとっての利便性向上

(1)「直前三事業年度の財産及び損益の状況」(会社法施行規則
[PDF]

事業報告等と有価証券報告書の一体的開示を行うときは、本モデル および以下の補足説明に加えて、制度所管官庁である金融庁および法 務省により公表された法令解釈等を参考にして事業報告を作成するこ とが考えられる。

1.本取組の概要 「未来投資戦略2017」では、金融商品取引法に基づく有価証券報告書と会社法に基づく事業報告・計算書類(事業報告等)との「一体的開示」をより行いやすくするため、両書類の記載内容の共通化をより容易とするための手当て等について検討することとしました。

財務会計基準機構(fasf)は3月30日、『有価証券報告書の開示に関する事項 - 「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」 を踏まえた取組 - 』(以下、本取組)を公表し

法務省と金融庁は,会社法に基づく事業報告・計算書類(事業報告等)と金融商品取引法に基づく有価証券報告書との「一体的開示」をより行いやすくするため,記載内容の共通化が可能な項目に関する必要な手当て等について検討してきました。

これを踏まえ,公益財団法人財務会計基準機構は,「有価証券報告書の開示に関する事項 -『一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について』を踏まえた取組-」(以下「本取組」という。)を作成し,本日付で公表しています。

有価証券報告書と事業報告等の「一体的開示」のポイント (2018.04.12) 「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」等のポイント (2017.03.31) 企業内容等の開示に関する内閣府令等の改正のポイント (2017.02.17)

一体的開示に向けた実務が促され、効果的かつ効率的な開示の実現及び株主総会日程・基準日の合理的な設定につながることを期待しており、日本公認会計士協会は今後も会社法と金融商品取引法の開示及び監査の一元化が実現できるように意見発信を行っ

[PDF]

経理情報 201832010 38 開示府令の改正ポイントⅦMD&Aの拡充等に係る「一体的開示」の動向を踏まえた 有限責任 あずさ監査法人 公認会計士 吉田 貴富 はじめに 金融庁は2018年1月

平成30年12月28日、内閣官房、金融庁、法務省、経済産業省は、「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組の支援について」を公表した。

[PDF]

で不開示情報を把握すれば、それが一般に、利益保護に必要な範囲であり、不開示範囲が 不必要に広くなりすぎるおそれがないからである。 (2)答申・判決の例 最高裁判決の考え方(「独立した一体的な情報」)を援用した判決

[PDF]

経理情報 845 4 会 計 示に関する事項、公表一体的開示に向けた有報の開 ─FASF 会 計 収益認識基準、公表 ─ASBJ 去る3月

日本公認会計士協会より、平成29年8月25日に『開示・監査制度一元化検討プロジェクトチームによる報告「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示についての検討」』が公表されました。

[PDF]

会社法による事業報告(以下、事業報告)等との一体 的な開示に向けての検討が行われています。平成29 年12月に公表された「事業報告等と有価証券報告書 の一体的開示のための取組について」では、制度

[PDF]

基づく有価証券報告書との「一体的開示」をより容易と するための環境整備の一環として、両者の間で類似・関 連する項目について、可能な範囲で共通化を図るための 対応をまとめたものである。 本稿では、一体的開示のための環境整備の内容及び実

1.事業報告等と有価証券報告書の一体的開示とは何か 2.一体的開示に関する近時の動向 (1)「事業報告と有価証券報告書の一体的開示のための取組について」の概要 (2) 企業内容等の開示に関する内閣府令等の改正の概要

[PDF]

の一体的な開示を行おうとする企業の試行的取組を支援しつつ、一体的開示例・関連する課題等について検討すると していることを受けたものであり、その検討の中で、当該企業の試行的取組に基づき記載例が作成されたことから、

[PDF]

自己開示も少なく,孤独感も多いというのである。 神経症的傾向もパーソナリティの健康性の一指標とし て注目されてきた。これまでの研究結果をみると,自 己 開示と神経症的傾向とには負の相関関係があるという報 告もあれば(Pederson&Higbee,1969),支 持され

[PDF]

投資家が必要とする十分な情報を効果的かつ効率的に提供するとともに、情報開 示の不効率性及び監査対象の重複、後発事象の取扱いといった二元的開示制度によ る我が国固有の問題点を克服するため、会社法と金融商品取引法の法定開示におけ

昨年12月に金融庁と法務省が公表した「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」を受け、2018年3月期決算において有価証券報告書と事業報告等の記載の共通化(一体的開示)に取り組もうとする企業の参考となるように

平成30年3月30日にfasfにより「有価証券報告書の開示に関する事項-「一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について」を踏まえた取組-」(以下、本取組)が公表されました。

[PDF]

・地価公示や不動産管理に係るデータと合わせ、不動産市場データベースとして一体的な 情報提供を行うとともに、レインズ、Jリート等、既に開示されている情報の特徴を最 大限に活かし、国民に対して重層的な提供ができるように検討を行っていく。

[PDF]

意事項について述べている。四半期連結財務諸表を開示. する場合には、四半期個別財務諸表の開示は要しないと されているので(四半期財務諸表に関する会計基準6た だし書)、以下では基本的に四半期連結財務諸表を対象 としている。

Mar 28, 2019 · 「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組について」(平成29年12月28日付け、内閣官房、金融庁、 法務省、経済産業省策定)では、制度上は会社法と金融商品取引法の両方の要請を満たす一つの書類を作成し、株主総会前に開示することが

③ 一体的開示の取組により、 会社法の事業報告等と金融商品取引法の有価証券報告書の記載内容が整理・共通化・合理化されれば、作成者及び監査人にとっては開示書類の作成及び監査の負担を軽減でき、株主・投資家にとっては詳細な開示書類を株主総会前に入手できる可能性が高まる など

[PDF]

会計の一体的改革」について,これまでの研究成果と,これを踏まえ て実施したアンケートの中間報告結果に基づき,我が国の報告書公表 企業の実態と課題を浮き彫りにしたものである。 統合報告は企業毎の経営戦略に応じて「投資家」以外に重視すべき

[PDF]

て」書の一体的開示のための取組につい省)から「事業報告等と有価証券報告閣官房・金融庁・法務省・経済産業 、金融庁および法務省から「一⑴ の環境整備に向けた対応について」体的開示をより行いやすくするため ⑵ が公表された。 これらを踏まえ

それら以外の近時の有価証券報告書の開示に関連する政府の取組みとしては、2018年12月28日、内閣官房、金融庁、法務省及び経済産業省から、事業報告等と有価証券報告書の一体的開示を行おうとする企業の試行的取組を支援するための方策の検討内容が

[PDF]

きます。事業報告等(事業報告及び計算書類)と有価証券報告書の一体的開示を図るため、 まずは事業報告等と有価証券報告書の間で類似・関連する項目について、可能な範囲での共 通化が図られることと

[PDF]

事業報告等と有価証券報告書の一体的開示についての検討 日本公認会計士協会は平成29 年8月22日に、「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示につ いての検討」(以下、『一体的開示についての検討』)を公表しています。これは、政府より公表され

一体的開示をより行いやすくするための環境整備に向けた対応について by 法務省 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00210.html

[PDF]

加者の氏名とともに独立した一体的な情報を形成しているといえる。 原告は、年齢のみを非開示とし、氏名のみを開示するといった態様の部分開示を請求すること はできない。裁判所も氏名が記載された部分に係る非開示決定処分のみを取り消すことはできな

「「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組について」(平成29年12月28日内閣官房、金融庁、法務省、経済産業省策定)にて、制度上は、会社法と金融商品取引法の両方の要請を満たす一つの書類を作成して、株主総会前に開示することは

[PDF]

筆記開示法を行うことによって、情緒的巻き込まれ体験の記憶に関する再構成を行っても らい、ストレス・バーンアウトに対する介入効果を検討する。 2) 方法 実施時期:2013 年11 月~2014 年1 月 一体感 情緒的消耗感 達成感の低下 脱人格化